国産野菜パウダー  全15種
国産野菜パウダー  全15種
便利野菜パウダーお試しセット
便利野菜公式ブログ

便利野菜の使い方

野菜パウダー × 小麦粉

小麦粉に色や風味を付けたい場合
粉とパウダーを一緒に計量します。

粉とパウダーを一緒に計量します。

一度、手かホイッパーなどを使ってよく混ぜます。

一度、手かホイッパーなどを使ってよく混ぜます。

しっかり混ぜてからふるった方が均等にダマ無く粉と混ざります。

しっかり混ぜてからふるった方が均等にダマ無く粉と混ざります。

手間でなければ2度ふるいをお薦めします。

手間でなければ2度ふるいをお薦めします。


分量の5~10%を野菜パウダーに置き換えます。(パウダーの種類によって異なります)
【例:小麦粉200gを使う場合】小麦粉180g+野菜パウダー20g。

野菜パウダー × 生クリーム

生クリームに色や風味を付けたい場合
グラニュー糖とパウダーを混ぜます。

グラニュー糖とパウダーを混ぜます。

ふるいにかけます。

ふるいにかけます。

生クリームに加えて混ぜます。

生クリームに加えて混ぜます。

吸水性を抑えながら混ざるので、立ちすぎずにダマなく混ざります。

吸水性を抑えながら混ざるので、立ちすぎずにダマなく混ざります。


生クリームに対して5~10%の野菜パウダーが目安です(パウダーの種類によって異なります)
【例】生クリームを200ml+野菜パウダー10g~20g。

野菜パウダー × カスタードクリーム

カスタードクリームに色や風味を付けたい場合
パウダーを一度茶漉し等でふるって少量のカスタードを入れます。

パウダーを一度茶漉し等でふるって少量のカスタードを入れます。

ダマが無くなるまでよく混ぜます。

ダマが無くなるまでよく混ぜます。

残りのカスタードを入れて混ぜるます。

残りのカスタードを入れて混ぜるます。

きれいに混ざれば完成です。

きれいに混ざれば完成です。


カスタードクリームに対して5~10%の野菜パウダーが目安です(パウダーの種類によって異なります)
【例】カスタードクリーム200g+野菜パウダー10g~20g。

野菜パウダーペースト

野菜ペーストをパウダーと水だけで簡単に作る
パウダーをふるいます。

パウダーをふるいます。

ふるったパウダーに少量づつの水を入れながら混ぜます。

ふるったパウダーに少量づつの水を入れながら混ぜます。

一気に同じ所ばかりを混ぜすぎないように混ぜます。粉っ気が残っていれば少し水を入れていくとよい。

一気に同じ所ばかりを混ぜすぎないように混ぜます。粉っ気が残っていれば少し水を入れていくとよい。

少量づつ入れ擦りつぶすようにゴムベラなどで混ぜて完成です。

少量づつ入れ擦りつぶすようにゴムベラなどで混ぜて完成です。


ペーストはパウダー:水=2:3くらいが、ダマにならずにきれいに混ざりやすいです。(パウダーの種類によって異なります)
【例】パウダー20g+水30ml

野菜パウダー × チョコ

ホワイトチョコに入れて色や風味を付けたい場合
刻んだチョコにパウダーを入れます。

刻んだチョコにパウダーを入れます。

湯せんにかけて一緒に溶かします。

湯せんにかけて一緒に溶かします。

ダマにならないようにしっかり混ぜます。

ダマにならないようにしっかり混ぜます。

きれいに解ければ完成です。

きれいに解ければ完成です。


チョコレートに対して3%の野菜パウダーが目安です。お好みに応じてパウダーの分量を調節してください。
【例】チョコレート200g+野菜パウダー6g。

野菜パウダー × アイス

バニラアイスに入れて色や風味を付けたい場合
アパレイユ(アイスクリームの原液)を作る際のグラニュー糖と野菜パウダーを混ぜる。

アイスクリームの原液を作る際のグラニュー糖と野菜パウダーを混ぜる。

ふるいにかける。

ふるいにかける。

温めた牛乳を入れながら混ぜる。

温めた牛乳を入れながら混ぜる。

きれいに解けたら、通常通りのアングレーズを作ります。

きれいに溶けたら、アイスクリームのソース(アングレーズ)を作ります。


牛乳(または生クリーム)に対して4%~6%が目安です(パウダーの種類によって異なります)
【例】牛乳200ml+野菜パウダー8g~12g。



  • 便利野菜レシピ
  • 便利野菜の特長
  • 便利野菜ができるまで